エスケイ通信講座|パケホーダイ解約で節約

今回のエスケイ通信講座ではパケホーダイの解約についてご紹介いたします。
スマートフォンを利用してインターネットのコンテンツを利用している人は非常に多いですよね。
そのデータ通信量に応じて、実は料金が設定されていることはご存知でしょうか。
ただし、データ量に応じて比例して料金が上がっていってしまうと、映像などの大容量コンテンツを利用する人は、とてつもない金額の料金が毎月課せられてしまうことになります。
それを防ぐためのシステムが「パケホーダイ」です。
データ通信量の単位をパケットといいますが、パケホーダイとはパケットし放題という意味になります。
ただし、パケホーダイの無制限プランにすると、代表的なキャリアでもそれぞれ5000円から6000円といったかなりの金額になります。
個人で持っていても毎月の額としてはかなりの負担になるでしょうし、家族で持っている場合は何万円にもなることもあります。
様々な税金の増額などで家計の節約を考える人が多い昨今、スマホの通信料を見直す必要のある人も多いのではないでしょうか。
では、どうしたらこのパケホーダイの代金を節約できるのでしょうか。
まず、一番簡単なのはスマホであまりネット接続をしないことです。そうすればパケット代もかかりませんので、請求の金額も最低限になります。
しかし、キャリアの会社によってはパケット代の最低限の料金でも2000円ほどかかりますし、そもそも自由に外出先でインターネットに繋げられないのは非常に不便だと思う人もいるでしょう。
そこで考えたいのは、パケホーダイを思い切って解約してしまい、別の手段でネットに接続をすることで毎月の高額な通信費を節約するという方法です。

一番ネット関係の固定費を節約するのに便利なのはWi-Fiの利用です。
インターネットに接続する時に、それぞれのキャリアの回線を使用するのではなく、Wi-Fiの電波を利用してネットに接続をすればよいのです。
そのため、スマホの契約内容をしっかりと見直す方法があります。
キャリアによって多少異なりますが、パケホーダイの他に通信したデータ量によって完全に従量制のプランもあります。
キャリアの回線を利用していくことを考えた時には、従量制プランはかなり割高になるのですが、全く使わなければ問題はありません。
従量制プランは最低料金が数百円ということも多いので、それに契約を切り替えてしまいます。
ただし、スマホの機種によっては最初からパケホーダイが必須であったり、解約ができても時間がかかる、自分で解約しなければいけないということもあるので、機種の契約時に必ず確認をするようにしましょう。
従量制プランに上手く切り替えられればかなり節約はできます。
モバイルwi-Fiを一台契約したとしても、今では毎月3000円程度のものが多いでしょう。
これを常に持ち歩くことで家の通信も、外出先での通信も賄うことができてしまいます。
スマホのパケホーダイで6000円ほど、家の固定回線で4000円ほどの通信費がかかっていた場合は一気に7000円もお得になってしまいます。
特にスマホのパケホーダイの代わりとしてしか使わないと考えても、かなり安くなるのでお得でしょう。
もちろん場所によっては使いづらい、速度に問題があるなどの多少の欠点はありますが、それを差し引いても非常にお得といえます。
また、モバイルWi-Fiは家族で共有もできるので、家族の人数が多いほど有効な節約手段と言えるでしょう。

もう一つのスマホのパケホーダイ解約後の節約手段が格安SIMに乗り換えることです。
格安SIMは随分世間で聞かれる言葉となりましたが、具体的にどのようなものか知らない人もまだ多いでしょう。
分かりやすくいうと、格安SIM業者が三大キャリアの回線を間借りして、通信網を利用してそれを一般に安く提供している代理店となります。
今では大手家電量販店やGMSの店頭でもそういった業者が多く宣伝をしていたり、TVCMも流しているので契約に関して詳しい内容を業者に聞くことは難しくありません。
多少ややこしく感じる人もいるかもしれませんが、一旦契約をしてしまえば大手のキャリアと全く同じ感覚で利用することができます。
契約に関しては、様々なオプションを選択できるので、自分にとって必要な部分はしっかりと選択し、不要な機能はバッサリと切り捨ててしまいましょう。
そうすればプランにもよりますが、毎月2000円程度で通話もネット接続も可能なスマホを利用することができます。
通信量も選べますが、一般の人でそれほど容量の大きなダウンロードをしないのであれば5GBプランで十分に足ります。
これでも2000円強程度で毎月の支払が住んでしまいますので、従来よりも数千円の節約になるのではないでしょうか。
通信費は特に固定費なので1年を見ると、かなりの出費になりがちです。
色々な方法で毎月の生活費の中から固定費を見直し、節約していくことで賢い消費者になることを目指しましょう。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
  2. 浦和 マツエクの中でもネイルサロンとマツエク、どちらも一緒に施術を受けることができるのが浦和 マツエ…
  3. 一橋学園 美容院なら、glam&upをぜひ利用ください。丁寧なカウンセリングを行ったあとに施術をして…
ページ上部へ戻る