金塚秀仁と熊本の将来

金塚秀仁は、農協向けの作物の他に、個人販売を行っています。個人で作物を売る場合、その品質が重要視されます。彼は大学で身に付けた知識を使い、農協で適用される基準と同様の基準を自信の作物に当てはめています。若いので、勘や経験よりも知識で勝負しています。彼は、作物の収穫に最大の労力を払っています。故人農業ですので、生産できる作物も限られます。現在は収益よりも品質を大切にして活動をされています。慣れてきたら、徐々に収入を増やすそうです。

金塚秀仁は、野菜や果物を育てています。いつまでも育てていたいと考えていますが、それは無理な話です。泣く泣く作物を手放すことも少なくないとか。野菜などは地元の子供たちのため、スーパーなどに出荷されます。もっとも、無農薬栽培エリアの野菜は、基準を満たしていないため、庭先での販売をしています。この作業を通じて、「自分の作物」に対する愛情が芽生えました。彼は、この作業を続けることで、自分の「見えない壁」が取り払われる様子を実感しています。

金塚秀仁の人生は、畑との関わりで、一段と大きくなったそうです。最初のうちは、右も左もわからないところから始まった農作業も、一つずつステップを踏んでいくことにより、その方法も洗練されて行きました。この繰り返しが、金塚秀仁の人生に良い影響を与えています。都会では、一から十まで、全てにおいて上司の命令をあおぐ必要がありましたが、ここでは彼が経営者です。彼は自分の好きなように畑を耕し、好きなように野菜を育てています。彼はメンタル面での回復を行い、全てから自由になりました。

金塚秀仁は、熊本の子供たちの将来が気になるそうです。彼らが大人になった時、社会でやっていけるのか、それが一番の悩みだそうです。彼は農業を続けることで、日々の収入を確保し、一本立ちできていますが、彼らにはそれがない。それが、彼の悩みの種です。彼は基本に基づいた耕作を行っています。自分の行いが正しいかどうか、その判別も大切ですが、飽くまでも消費者をイメージすることが、彼の今の課題です。農法を究めるため、彼は常に努力をしています。

熊本県は、街おこしを積極的に行う地域だそうです。県の将来は、地域住民が決めるもの、彼はそう考えています。県庁や県の職員に任せっきりにせず、自分たちの頭で考えることを提唱しています。彼は、無農薬栽培という困難を通じて、初めて自分の潜在能力に気が付いたそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
ページ上部へ戻る