織田茂徳に魅かれる理由

好きな魚はブラックバス、鮭や鯛そして鮎で、好きな食べ物は魚ではなくお肉と一見変わっている織田茂徳は京都出身で、大学卒業後は福岡のベンチャー企業で働いています。織田茂徳は京都市立二条中学校を出て、京都成章高校を卒業して京都産業大学へ進学しています。中学高校とサッカー野球とスポーツを楽しむ青年でした。大学の時に初めてラグビーを始めてプレイに専念していました。様々なジャンルのスポーツも難なくこなしてしまう織田茂徳ですが、趣味は地味な雰囲気のする釣りです。さらに、釣りに行かない時には好きな本を読み、好きな音楽を聴き、時には外に出て散歩をするなどして自分をリフレッシュさせています。

25歳になる織田茂徳には、特定の女性はいませんが気になっている女性はいるようです。しかしあまり自分から進んで気持ちを伝える方ではないので、周りから見ていてもイライラしてしまうほどもどかしい感じです。強引な部分がなく、日々穏やかに過ごす織田茂徳には、友人もたくさんいて多彩な趣味をもつ人たちが多く集まります。そんな中で様々な話をして、そこからいろいろな知識を吸収しそれをまたさらに他の会話の中で生かしていくことができるのが織田茂徳という人間です。容姿もとても良く、人柄の良さが存分にでていると思います。

穏やかと言う雰囲気があるので誰もが彼に何らかの相談事をしますし、またその相談には必ずきちんとアドバイスしたり自分の考えを伝えて納得してもらえるように努力するところがあります。誠実なところ、まじめなところ、笑顔を絶やさないところなど彼の魅力はいろいろありますし、頼りがいのあるところもとても魅力的です。日々の時間を無駄のないように過ごすことで、彼はとても人生を楽しんでいるように思えますし、そんな感じが周りにも良い影響を与えているように思えます。同性としてみても、魅かれる部分が多くあります。

彼は休日になれば、いろいろな場所に釣りへと出かけていきますが、その先々でも多くの知り合いや親しい人間がいます。これも彼の人柄が大きく影響しているものと思います。人当たりが良いので話をしやすいのとどのような相手に対しても話をしっかり聞きながら対応していくことで、自然と相手から信頼を受けているのだと考えられます。彼の職場でも、そのように多くの人たちから信頼を得ているのからこそ仕事が充実してできているのであろうし、社内での人間関係がうまくいっているのだと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
ページ上部へ戻る