フットサルが得意な柯 康仙

柯 康仙はスポーツ観戦や実際に体を動かすことも好きな男性です。スポーツの中でもフットサルには特別な思いがあり、現在も週一回程度施設を借りて練習をしています。フットサルに特別な思いがあるのは、小さいころからサッカーに打ち込んでいたためです。現在25歳ということもあり、物心ついたころにはJリーグがかなり人気となっていました。柯 康仙もテレビでサッカー中継を見てサッカーを始めました。それからずっとサッカーを続けてきていましたが、サッカーは練習場を押さえるのもなかなか難しいので、気軽に練習や試合ができるフットサルをはじめるようになりました。フットサルは昨今、施設の数も増えてきており、人気となってきているスポーツです。オーソドックスなルールでは1チームの人数がサッカーの半分以下の5人となっているため始めやすく、運動量が多いため健康増進目的でも盛んに行われています。

フットサルについて知らない方も多いかもしれませんので、フットサルとサッカーの違いについて詳しく解説します。フットサルはもともと「サロンフットボール」と呼ばれた、特殊なボールを使用したサッカーです。フットサルの「サル」はサロンフットボールの「サロン」が略されたものです。ルールに関するサッカーとの違いとしては、まずピッチが縦約40m×横約20mと小さくなっています。ボールの大きさに関してはサッカーとほぼ同じですが、空気圧に関する規定があり、2mの高さから落としたときに50〜65cmのバウンドに収まらなければならないとされています。基本は屋内でのプレイとなり、サッカーと同じようにゴールにボールを入れると得点、試合終了時に点が多かった方の勝利となります。

柯 康仙がフットサルに打ち込むのには埼玉県という土地柄も関係しています。地元にサッカーの有名プロチームがあり、それに影響を受けているのはもちろんですが、埼玉はフットサルが盛んで施設なども多いため、練習に適した環境なのです。あまりフットサルが普及していない地域では広いエリアの中にひとつしか施設がないということも多く、こういったケースではなかなか予約が取れないという状況も見受けられます。埼玉ではこういったことが少ないため、フットサルに打ち込むことができているのです。

柯 康仙は、あくまで趣味というスタンスでフットサルを続けていますが、その姿勢やテクニックには定評があるため、ゆくゆくはフットサルで有名になるかもしれません。今後もそんな柯 康仙から目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
ページ上部へ戻る