庭野仁司氏の話してくれたこと

私と幼馴染である親友は、お互い結婚を機に地元を離れ、別々の県で生活を送っていました。先月、共通の友人の結婚式に参加するために、久しぶりに会うことになりました。そのとき、親友の知り合いである庭野仁司氏のことについて話をしてくれました。その話が胸に響いたので、庭野仁司氏の話を紹介したいと思います。

庭野仁司氏は、健やかに充実した人生を送るためには自分自身が積極的に歩みを進めることが大切だと親友に話したそうです。
人と関わっていく中で、よりよい人生を送っていこうとすれば、自分を知ってもらうこと、そして自分を知ってもらうためには相手を知ることが重要であり、大切なことだと捉えているそうです。

少し話が飛びますが、庭野仁司氏は食べ物で好き嫌いがないそうです。それは、食わず嫌いをしないことから繋がってくるようで、なんでも実際に食べてみないと味はわからない、匂いで判断することもできるが、口に含んでみないと本当の味がわからない、そうして食わず嫌いをしないでいると、すべての食べ物にそれぞれのいいところがあり、好き嫌いがなくなったのだそうです。それは、人生を生きる上でも活かされていることであり、予想だけして物事を諦めてしまうよりも、何事にも挑戦してみなければ、結果や感想が得られないということにたどり着いたようです。

庭野仁司氏は、映画鑑賞が趣味の一環にあるそうですが、彼独自の捉え方があるようです。ただ単に映画を観て、楽しかった、おもしろかった、つまらなかった、という感想を持つことも良いですが、その映画において伝えたいことを感じながら見たり、映像美に驚嘆したり、ストーリーに織り込まれたさまざまな知識を勉強したりしながら映画を観るそうです。
一見しんどい作業にも思えますが、庭野仁司氏によれば、慣れてしまえば簡単に行えることであり、映画を見終えたときに充実感を得られるそうです。

脳をフル活用して生活している庭野仁司氏ですが、こんなことも話されたそうです。
自然や緑に触れあって、自分が生かされていることを改めてゆっくり感じ、深呼吸して立ち止まることも大切だと思っているので、心の休日を実践しているとのことでした。

親友からこのような庭野仁司氏の話を聞いて、はっと気づかせてくれるものがあったので、自分の生活のなかでも取り入れたいと思いました。自分自身が日常的に行っている生活を、いかにスマートに、そして前向きにとらえ行動していくかが、大切なことだと思いました。

庭野仁司の話に感銘を受けた

久しぶりに昔からの親友と会うことになったのですが、その親友とはかなり長い時間話しました。その話の中には、庭野仁司という方の話も出てきたのですが、この庭野仁司さんという人の話を友人にされたとき、とても感銘を受けました。話の内容は、庭野仁司さんという人は食べ物の好き嫌いがないということ、趣味がたくさんあること、何事にも一生懸命だということです。

他にも自分が自分の意志で前に進むことの大切さや、相手のことをしっかりと知ることがコミュニケーションには必要だということの話もしていたそうです。そんな中でも私が特に興味を惹いた内容が、自分でこの道を選んだのであれば、最後まで努力を怠ることなくしっかりと進んでいくこと、相手のことを知ってこそ相手も自分のことを知ってくれるという内容でした。

自分で決めたことであっても諦めてしまう人が多いですし、努力しても失敗してしまう人がたくさんいます。しかし、失敗から得られることも多いですし、努力したことは決して無駄にはならないということも言っていたそうです。親友からこのような話をされたことで、自分自身の考え方も変える必要があることに気がつきましたし、努力することの大切さもしっかりと教えてもらえたような気がします。

庭野仁司と株式会社クォンタムジャンプコンサルティングに感銘を受けて

庭野仁司氏の話を友人から聞いた私は、とても庭野仁司氏に対して興味を持ちました。そこで、友人である彼にもっと深く庭野仁司氏のことを聞いてみたのです。庭野仁司氏は、会社を経営しているとのことでした。株式会社クォンタムジャンプコンサルティングという企業で、インターネットの風評被害対策を行っているとのことです。聞いただけだと、かなり難しそうな仕事をしている人なんだなと思いました。その友人も、詳しい話は知らないということでしたが、例えば、インターネットへ誰でも書き込みができるようになっていて、それが拡散されることがあります。SNSの炎上や、拡散など、私もよく目にしていますが、その中には、本当のことではなく、悪意を持った評判が意図的に流されていることもあるとのことでした。

そんな、風評被害にあってしまっている企業のために、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングが、対策をしてくれるとのことです。確かに、企業のことを検索するときに、ネガティブな予測キーワードが載っていることがあります。自分が使っていて、とても信頼をしているところでも、そのようなことが載っているため、おかしいなと思っていたのですが、そういったものが風評被害だったのだと初めて知りました。

友人は、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングに対して、すごく尊敬の気持ちを持っているとのことでした。誰かが困っているときに、手を差し伸べられるような存在になることが、子供のころから目指していたことであり、それができている株式会社クォンタムジャンプコンサルティングと、それを立ち上げた庭野仁司氏に対して、すごく憧れを抱いているとのことです。私も、この話を聞いて、深く感銘を受けました。それと同時にものすごくライバル意識のようなものが目覚めたのを感じました。

庭野仁司氏の話に感銘を受けた私たちは、新たに会社を立ち上げることにしました。その会社は、株式会社クォンタムジャンプコンサルティングとは全く業種も規模も違いますが、だれか困っている人のために役に立ちたいという気持ちから立ち上げられたことに変わりはありません。そのため、私は、自分の会社について尋ねられたときに、目指している会社として、いつも株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの名前を挙げています。これからも、憧れとして、目標として株式会社クォンタムジャンプコンサルティングの背中を追い続けたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
ページ上部へ戻る