八木雄一は今日も泣きながら歌う

八木雄一さんは京都にある場末のバーで歌っている流しの歌手です。上手な歌い手ではありませんが、どこか心に引っ掛かる、印象的な歌い方をする人だと客には人気があるようです。バーに来る客は、お酒を楽しみに来ているか、会話を楽しみに来ているのであって、決して彼の歌を聴きに来ているわけじゃない、ということをちゃんとわきまえているところが、彼が愛されている理由かもしれません。と言って存在感はしっかりとアピールしているような、そんな不思議な人だと客たちは噂しています。

八木雄一さんはいつも大きめのサングラスをかけて、頭にはバンダナを巻いています。夏でも黒い皮のジャンパーを着て、ジーンズはいつもどこか破れています。年齢は50歳くらいの中年男性で、たばこの吸い過ぎで歯が黄色くなっていて、声も酒焼けなのでしょう、しわがれた声をしています。かつて上京してレコードデビューしたことがあるという話ですが、当時の自作の曲を歌うことはほとんどなく、もっぱら客のリクエストに合わせて演歌やブルースを歌います。

昭和の時代の曲なら「その曲は知らない」と言うことがほとんどなく、よくそんなにレパートリーがあるな、と感心する客も多いのだそうです。何曲か歌うと水割りをぐいっと飲み干し、誰かがリクエストしてくれるまでずっと静かにギターの弦を撫でている様子からは、彼が本当に音楽を愛していることが伝わってきます。もう京都で10年近く流しの歌手をしているそうですが、昔は日本中を回っていたようで、仙台には別れた奥さんと娘さんがいて、もう何年も会っていないそうです。また酔っぱらってくると、今では有名になったある大物歌手は彼が歌い方を教えてやったのだということを好んで話します。それが本当のことだとは、客の誰も信じていませんが。

八木雄一さんは流しで歌うほか、イベントやお祭りなどでも依頼があれば出演します。そういう時はお年寄りの前で昔の流行歌を披露し、とても喜ばれているそうです。特に高齢の女性からの人気は厚く、いくつかの老人ホームなどではファンクラブも存在するそうです。また八木雄一さんは子ども好きで、アニメソングのレパートリーも豊富です。歌い方が昭和調なのと見た目が怖いので子どもたちは最初はあまり近寄りませんが、だんだん慣れてくるにしたがって八木雄一さんのまわりは子どもたちでいっぱいになります。そしてイベントやお祭りの最後になると、八木雄一さんはいつも泣き出します。一度も娘さんと歌を歌ったことがないことを思い出すのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
  2. 浦和 マツエクの中でもネイルサロンとマツエク、どちらも一緒に施術を受けることができるのが浦和 マツエ…
  3. 一橋学園 美容院なら、glam&upをぜひ利用ください。丁寧なカウンセリングを行ったあとに施術をして…
ページ上部へ戻る