阿含宗の関東別院と歴史

関東別院がある阿含宗は、様々な歴史があります。阿含宗は、社会活動や文化活動を積極的に行っているのが特徴の宗教団体です。主な活動としては、1985年のアフリカ飢餓基金に寄付をしたのが始まり。1986年にはスーダンに井戸を寄付、1986年にはアフリカ飢餓基金に寄付がされました。

それから1986年には、中国残留日本人孤児養父母救援活動が実施、1987年は、チャド共和国にトラック寄付、1989年は、愛寿会同仁病院が設立
されました。1989年は、老人ホームの愛寿会紫磨園を設立。1989年は、日米アゴン友好財団が設立。1990年は、国際花と緑の博覧会に参加をしています。

2000年には、ニューヨークの病院に寄付がされ、2004年には、ルーヴル美術館特別展に特別協賛。2004年は、他にもブータン王妃著書の出版記念祝賀会が開催。2004年は、中国仏教協会に寄付もしています。2005年は、ブータン仏教界に寄付、世界での教育支援と幅広い活動が行われています。阿含宗にはこのように歴史があり、関東別院では様々な人達が教えを受けているのです。

阿含宗 関東別院
http://kantobetsuin.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
ページ上部へ戻る