格安ミネラルウォーター・クラブエコウォーター

健康に良いミネラルウォーター

健康に良いとされているミネラルウォーターを販売している会社はたくさんあり、クラブエコウォーターもそのうちのひとつです。そもそもミネラルウォーターとは、カリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラル(無機物)を含んでいる水のことを指し、このミネラル(無機物)を体内に取り入れることが健康に良いとされています。しかし、現実には販売されるミネラルウォーターには、含まれるべきミネラルの基準値は決まっていません。そのため、ほとんど成分が含まれていないものもあります。クラブエコウォーターの取り扱っている、エコウォーターには特定の鉱石から抽出した多種のミネラルであるイオン化ミネラルが多様に含まれています。この鉱石は、長い年月を経て蓄積されたミネラルを含んだ鉱石が火山活動により何億年も前の地層が表面にあらわれることによって採取されました。そうして採取された鉱石から抽出したミネラルを中心に独自の製法により多様な種類の元素が溶け込んだ液体を開発しました。この多種の元素が溶け込んだ液体、多元素イオン溶液をライフエッセンスと名付けて使っているためミネラル豊富な水が作り出せます。また、ウォーターサーバーには浄化・濾過装置が取り付けられています。濾過された水は公的機関の検査にも通過した安全な水となります。そのため飲料以外にも肌や髪、赤ちゃんにもと、多様に使うことができます。

簡単に作れるミネラルウォーター

クラブエコウォーターの販売する、ミネラルウォーターであるエコウォーターはそのほかの会社が販売するミネラルウォーターとは異なります。通常販売されているミネラルウォーターは、ペットボトル飲料であるかウォーターサーバーのボトルに入ったミネラルウォーターです。ペットボトルであれば、定期的に重いペットボトルを買わなければなりません。また、ボトルのウォーターサーバーならば定期的に業者に、もしくは自分でボトルを取り付けなければならないこともあり、手間がかかりますが、エコウォーターであればこのような重いペットボトルや替えのボトルを運ぶことや取り付け作業などの手間がかかることもありません。クラブエコウォーターの販売するミネラルウォーターは、水道水を使用して生み出されます。エコウォーターは、水道水に独自に生み出したミネラル成分が多く含まれた溶液・ライフエッセンスを添加することにより生み出されれます。3から5リットルの水に一滴のライフエッセンスを加えるだけなので重い作業はありません。ミネラルウォーターを作り出すと同時に、ライフエッセンスのミネラルの凝集作用によって水がきれいになります。さらに、フィルターで不純物を取り除き、濾過します。また、ライフエッセンスにはミネラルだけでなく家庭では摂取が難しい酵素も含まれます。このことによりエコウォーターでは簡単にミネラル豊富なミネラルウォーターを作り出せます。

安いうえに場所もとらない

クラブエコウォーターの販売するミネラルウォーターであるエコウォーターの良い所は簡単でミネラル豊富なだけではありません。ミネラルウォーターのウォーターサーバーを販売する会社のウォーターサーバーは、装置の大きさから家の中に設置すると大きく場所をとります。そのほとんどの理由が、水の入ったボトルを設置するからです。しかし、エコウォーターの場合は水の入ったボトル設置する必要がありません。水道水の中に独自に開発したミネラルを豊富に含んだライフエッセンスを添加することによりミネラルウォーターを生み出すので、水のボトルが必要ありません。つまり水のボトルを設置するスペースが必要なくなります。そのため、そのほかの会社のウォーターサーバーよりも大きく軽量化・縮小化ができ、家の中においてもあまり場所をとることもありません。また、クラブエコウォーターの販売するウォーターサーバーの利点はほかにもあり、それはそのほかのウォーターサーバーに比べ安いことです。水そのものを販売しているわけではないので水の代金はずっと安く、1リットル当たり約28円ほどです。月々の水の運送費がいらず、そのほかにも、サーバーレンタル費やメンテナンス料もいりません。そのため、そのほかのウォーターサーバーよりも安くミネラルウォーターを飲むことができます。

Club Eco Water株式会社
http://ecomember.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 密かに注目を集めている「香港スカイキングインターナショナルインベストメント」が開発した仮想通貨「キン…
  2. 人間は感情の生き物と言われるように、言動が感情に左右される場合が少なくありません。しかし他方では、人…
  3. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
ページ上部へ戻る