徹底した調査に裏付けられる納得の注文住宅をつくるロイヤルウッド

注文住宅で注目を集めがちなのがデザイン性や機能性、さらには外観といった外側です。しかし、すでにあるモデルハウスと同じような形式を追って作るのと比べて一からプランを練り直す注文住宅にとって、構造力や強さといったものは理想を追求しすぎると十分でない可能性が出てきてしまうかもしれません。

ロイヤルウッドはこの点を解決するために、あるいは顧客の希望を可能な限り実現するために、プラン前から緻密な調査を行うのが特徴の一つです。この調査を確実に行うことによって、住宅の確かな頑丈さを確保するとともに、正確な工期やそこから割り出される費用についても算出することが可能となっています。

この一番初めに行う調査のことをロイヤルウッドでは「敷地環境調査」と呼んでいます。その内容は、法律で定められた内容で納めるために建蔽率や容積率、接道制限について調べるのは持ちろんのこと、ヒアリングした希望に沿った住宅をどうしたら実現できるのか、土地の形状や広さ、方角を調べながらその土地の「個性」を掴むのが目的です。

さらに、周辺環境の調査も同時に行うのがロイヤルウッドの調査のち密さの所以。顧客の要望に応じ、その土地に時際に住んでみなければわからないような気候の状態や騒音、さらには風向きのような細かい部分までを調査して住み心地についてのレポートをします。

また、これらの調査は、レポートのためだけでなく住まいづくりにも当然活かされる情報です。例えば、狭い土地で隣の家との距離が近かった場合には窓の位置を工夫して一階であれば生垣を配置する、二階であれば窓の位置をずらしたり、ベランダの配置を変えたりとデザイン性にも変化がおきますので、理想の住まいづくりにこういった調査欠かせないものといえます。

そのうえ、この調査で近辺を知っておくことは外観のデザイン考える上でも重要だとロイヤルウッドは考えています。街並みに特徴があれば雰囲気の調和やあまり派手になり過ぎたり、帰って質素になったりするようなアンバランスを未然になくすことが可能です。住まいは、自分にとって自慢のマイホームであると同時に、そのエリアの街並みのひとつに新たに加わるもの。地域との調和も大切だからです。

住宅を建てる敷地は、依頼事に千差万別なもの。それぞれに適した住宅を作ることが注文住宅で求められることの一つといえます事前調査は、そのための重要な指標となるもの。ロイヤルウッドがここに力を入れているのは、「顧客にとっての理想の住まい」を確実に実現するための一歩目となるからなのです。

ロイヤルウッド
http://royalwood.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)は個人情報の漏えいや不正情報の利用防止をサポートしています。今日の日本では急速に情報…
  2. 浦和 マツエクの中でもネイルサロンとマツエク、どちらも一緒に施術を受けることができるのが浦和 マツエ…
  3. 一橋学園 美容院なら、glam&upをぜひ利用ください。丁寧なカウンセリングを行ったあとに施術をして…
ページ上部へ戻る